cleopatrabentou

スピリチュアル系ブログ

妖精が気になる。

最近、とても妖精のことが気になる。
座敷わらしって、妖怪とか精霊と言われてる。
それで気になってるのかな?


妖精のタロットカードのことがずっと気になってる。
たまたま聞いてみたラジオドラマ「ミヨリの森」が精霊の話で驚いた。


まだ途中だけど、とてもいいストーリーだ。
聞いてて何回も泣きそうになった。
主人公はどれだけ辛かっただろう、って。

最低限の目標

今日はダラダラしてたら夕方になってしまい、遠出できなかったけど、一時間くらいウォーキングできた。

毎日出かけることじゃなくて、毎日風呂に入ることを目標にすることにした。
ニートって、ダラダラしすぎると何もしなくなり、
しまいには無気力になる。
だから、最低限、清潔にすることだけを目標にする。


人に会わないと、最低限のこともしなくなって、
時間捨てるような生活になる。


めちゃくちゃ当たり前のことなんだけど、ニートにはこんなことですら守れなくなる。

視野を広げる。

昨日買った手帳にモンモンとしたことを書き出してたら、別の考え方が出てきて、解決した。


1日のらんがたくさんかける手帳って良い。
視野が広がる。


自分がどれだけ視野が狭い人間だったか分かった。
今まで、悩まず向き合わずに来たせいか、
精神年齢が中学生レベルだ。


生きるのに必死すぎて、向き合うどころじゃなかった。
だけど、そのおかげで、今向き合う時間がある。
頑張ってきた、自分に感謝。


経験値は減らないから、大丈夫。

息を吸える奇跡。

最近、あれをやらなくちゃ、とか、あれを買わなくちゃっていうインスピレーションが浮かんでくる。



そんな中、今日は、葉っぱ隊のことが浮かんだので、葉っぱ隊を踊ってみた。



最後の歌詞で、


「息を吸える、息を吐ける。‥やった!」


ってところがある。
息を吸えることも、吐けることも、幸せなこと。
すごいこと。


息を自分で吸えなくて機械で生かされてる人もいる。自分で吸えるし吐けるって、奇跡なんだよ。


今、暖かいところにいられることも、
ご飯食べれてることも、戦争がないのも、
どこも痛くないのも、
当たり前に思ってるすべてが、奇跡。


その辺のことを考えてると、なんか涙が出てくる。
こんなにたくさん与えられて、なんて幸せなんだろう。



昨日から、1日500回ありがとうを始めている。

「ありがとう」と「愛してる」を言って自分の潜在意識を癒すと、
宇宙へのオーダー力が6万倍になるらしい。


願いを早く叶えるためにも、これは必須だろう。

バカにしてくる人探し。

見知らぬ人から悪口を言われるのが、苦しくてたまらなかった。

言われるような、姿やセンスをしてる自分が悪いんだとずっと思ってた。


だから、少しでも言われないために、服にお金をかけたりした。


ファッションは楽しむものじゃなくて、
言われないために、身を守るものだと思ってた。


そんなに努力しても、お金かけても、
「ダサい」と言われてた。
言われるたびに、落ち込んで、一日中、そのことばかり考えている人間だった。



「人目が気になる」が治ってから、
その原因は、「自分を愛することが、足りなかった」せいだと気がついた。



好きなことをして、まったり暮らし、
自分のインナーチャイルドとも仲直りして、
さらに、自分に愛してるビームを打ち続けることで、気にならなくなったんだから。



たぶん、生きるのに必要な愛の量が足りないので、
他人に否定されるたびに、心が死にかけていたのかもしれない。
愛してるビームは、一生、続けていこうと思う。



人目が気にならなくなったら、色んな場所に行きたいと思ってた。


そう思ったけど、やっぱり体が不調なのもあって、出かける準備に時間がかかり、今日は、あまり遠くへは行けなかった。



今まで、見知らぬ若者にバカにされてよく傷ついてたけど、
今日は、わざわざ少中高生やカップルを探して歩いた。


本当に言われても平気になったかを、試したいとも思った。
「お願いだ、バカにしてくれ!!ブスとか怖いとかキモいと言ってくれ!!お願いだ!!」


という、どMのような願いをこめて、わざと近くを歩く。


不思議なんだけど、そう思ってる時に限って、バカにする奴があまり現れない。


現れたとしても、耳や心に響かないのかもしれない。
難しい話が聞けない時みたいに、
必要ない情報をカットする機能が働いてるのを感じた。



まさに、外の世界は、心の反映ってやつだ。
自分が自分を許したから、
自分のことを許さない人と出会わなくなる。
出会っても、それをキャッチしなくなる。



この調子で、どんどん願い叶えていくことにする。
願い叶えるなんて難しいことじゃないんだ!


というわけで、億万長者になって世界旅行の夢、
叶えることにした。

願いが叶った日

本当に本当に、すごいことが起きた。


人の目が気になるのが、治ったかもしれない。
一生治らないと思ってた。
悩んで悩んで、あまりにも悩みすぎても治らないから、
もうあきらめてた。


神様にさんざんお願いしてたけど、
やっと、その時がきたのかもしれない。



最近、何もやる気起きなくて、寝てばかりいた。
体が悪くて、思うように生きれないと思ってた。
今思うとそれは、心からくるものもあった。


人の目を気になるのを治すために、一度海外に住むことも考えてた。


今日、友人に誘われて久々に外に出た。
人目が気になるから憂鬱だった。


電車で自己啓発本を読んでたら、
「他人の額に向かって、愛してるビームを唱えると、大体うまくいく」
と書いてあった。



今まで、人目が気になる時に、他人に対して、愛してるビームを唱えてた。
なんとなく、場の空気がマシになる気がしていた。
敵意を向けられづらくなる気がしてた。


でも、「なんか違うな」、って思った。
本当に愛するべきなのは、自分なのにって。


それで、自分に対して、「愛してるビーム」を5回打ってみた。
それから、全然、他人の目が気にならなくなった。


心が満たされるのを感じた。何やってもダメだったのに。こんな簡単なことで治るなんて!


私は私に愛してほしくて、
今までずっと他人の目を気にしてたんだ。



不安な感じがしたら、ずっと自分に愛してるビームを打ち続けた。


自分に対しての愛が足りてさえいれぼ、
もう何も自分を傷つけることはできないんだと悟った。


長い長い戦いが終わった。
今度こそ、本当に自由に生きられる。


あれだけしぶとい傷だったのに、こんなにアッサリお別れの時が来た。
ずっと一緒だったこのトラウマに、
「今まで、ありがとう、愛してるよ」、って、言って、ケーキ食べてお別れをする。


人生で一番叶えたかった願いが叶ったのは、
昨日から、緑風荘の座敷わらしの待ち受けにしたせいかもしれない。


座敷わらし様、ゼウス様、お稲荷様、龍さん、天狗さん、七福神さん、天使さん、

セドナのパトリシアさん、
もっちーさん、Qさん、安部channelさん、
どsの宇宙さんの本を書いた、小池浩さん、ありがとうございます。

昼寝で見た夢

昔付き合ってた人に電話で感謝を伝える夢を見た。
何で今さらという感じだった。
彼の父親とも少し話をした。でもよく考えたら彼の父親は亡くなってる。彼の父親がラジオを録音するためにラジオがたくさんついたままになってた。そのひとつを間違えて消してしまったのでつけ直した。